楽天アフィリエイトがクロスデバイスに対応して更に稼ぎやすく

日下部です。

トレンドアフィリエイト実践者にとって
メインの収益源はGoogleアドセンスですが、
重要なサブ収益源となっているが楽天アフィリエイトです。

楽天アフィリエイトを運営している
「楽天」という抜群の知名度と豊富な商品バリエーション

そして何と言ってもCookieが30日間有効であり
非常に報酬が発生しやすいという特徴があります。

そんな楽天アフィリエイトですが、
2016年6月22日から成果発生基準が変更され
今まで以上に稼ぎやすくなりました。

 

クロスデバイスに対応して更に稼ぎやすく

楽天アフィリエイト運営事務局から
6/22に成果発生基準変更に関するメールがありました。

今回の変更内容に関しては
メール内で使用されていた図が
非常に分かりやすいので一部引用させていただきます。

スクリーンショット 2016-06-25 15.51.07

上図に書かれている通り、
今までは閲覧するデバイスと購入するデバイスが異なる場合
楽天アフィリエイトは成果対象となっていませんでした。

しかし、6月22日以降は
閲覧デバイスと購入デバイスが異なっている場合でも
報酬が発生する仕様になったということです。

スマホが急速に普及していている今の時代、
スマホで情報収集をしてPCで購入する、
またはその逆というケースは非常に多くなってきています。

 

少し前にはこのような調査データも公開されています。

EC売上の49%がモバイルに。購入前の複数デバイス利用も47%と、複数の導線が重要に

つまり、楽天アフィリエイトは今回の仕様変更によって
今まで報酬対象になっていなかった購入も
報酬としてカウントしてくれるようになるわけです。

 

一言で言えば

「今まで以上に楽天アフィリエイトで稼ぎやすくなった」

ということになります。

これはトレンドアフィリエイト実践者には
非常に嬉しいニュースです。

楽天アフィリエイトの報酬率は
基本的に売上金額の1%のため
稼ぎづらいという声もあります。

しかし、決してそんなことはありません。

取り組み方次第では
楽天アフィリエイトだけでも月収数10万円
更には100万円以上を稼ぐことも可能です。



rakutenafi201606

 

トレンドアフィリ実践者の方の多くは
どうしても収益源を「アドセンス」だけに固執してしまいがちです。

アドセンスで数30万、50万円稼いでいる方であっても
楽天アフィリはたった数1~5万円という方が多いのが現状です。

これは非常にもったいない。

アドセンスの収益性は高いのは事実ですが、
楽天アフィリエイトを効率的に取り入れていけば、
現状のアドセンス報酬をキープしたまま、
月に数万円〜数10万円程度報酬を増やすことはそう難しくないのです。

今まで楽天アフィリに手が回っていなかった方は
これを機会にぜひ楽天アフィリエイトに
力を入れてみることをおすすめします。


>>詳しくはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ