トレンドアフィリエイトのキーワード選定の重要性と多くの人が失敗する理由

トレンドアフィリエイトで最も重要であるキワード選定について、

なぜそれほどまで重要なのか、どの様なことを意識すべきかについてです。

実際に私が使用しているツールをご紹介致します。

 

先日の記事では

トレンドアフィリエイトで稼ぐためには最低100記事、
かつ教材購入初期のモチベーションが高い段階でいかに記事を作成できるか

非常に重要であるということをお伝えしました。

 

とはいってもそれは記事を作成する前の段階の

キワード選定がしっかりできているということが大前提になります。

 

そして、多くのトレンドアフィリエイト実践者のブログを拝見し、

また質問を頂いたなかで記事のクオリティはまずまずですが

トレンドアフィリエイトで成果が出ていない人の多くが

正しいキワード選定ができていないことが根本の原因ということがわかってきました。

 

なぜキーワード選定が重要なのか?

トレンドアフィリエイトはアクセスを大量に集めて

主にgoogleアドセンス、楽天アフィリなどで稼ぐ手法です。

 

そのためアクセスを集めることが最も重要であり

これができなければお話になりません。

 

アクセスを集めるためには、アクセスを集める記事を作成する必要があるわけですが、

どんな記事を作成するにもまずキワード選定を行い

そのキワードに従って記事を作成してきます。

 

そのため、そもそも検索ボリュームが無いキワードでいくら記事を作成したとしても、

100記事サイトのアップしたところで、全くアクセスが集めることはできないのです。

 

需要のあるキワードとは?

需要のあるキワードとは、いかに検索エンジンで検索をされているか、

つまりいかに検索のボリュームの絶対数があるかどうかということです。

 

月に100回しか検索されないニッチなキワードもあれば

月に10,000回検索されるキーワードもあります。

勿論アクセスが欲しいわけですから後者のキーワードを選択すべきです。

(※ここではライバルサイトがどうかは省きます)

 

例えば、旅行関連の記事を作成する場合

「京都 旅行」「北極 旅行」どちらのキワードの方が検索ボリュームがあるかは一目瞭然で、

もちろん圧倒的に「京都 旅行」の方が多いことは予想できるでしょう。

 

多くの人がキワード選定を失敗する理由

 

多くの人がキーワード選定を失敗してしまうのは、

キワード選定の際に定量的なデータを用いずに、

自分の感覚に頼ってしまっていることが原因です。

 

先程の例はあくまでも分かりやすいものを上げたため

恐らく殆どの人はどちらが検索ボリュームが多いか感覚的に検討がついたと思います。

 

しかし、普段のキワード選定においては必ずしも先程のように

検索ボリュームが容易に想像できるものばかりではないのが現状です。

 

しかも、複合キワードの数が2個、3個と数が多くなればなるほど

そのキワードが検索ボリュームのあるキワードであるかどうかを

判断することは非常に難しくなってくるのです。

 

「隅田川花火大会」と「地方の小さな花火大会」であれば

前者の検索ボリュームが多いことは明白ですが、

「インフルエンザ 治療法」「インフルエンザ 治し方」のように

複合機ワードの数が増え、かつほぼ同一のキワードであっても

検索ボリュームが大きく変わってくるのです。

 

需要のあるキワードをどう選定すべきか

ここまでの話でトレンドアフィエイトで成果を出すためには

キーワード選定が非常に重要であり、かつ自分の勘に頼らず、

定量的なデータを元にすべきであるということがご理解頂けたかと思います。

 

では、実際にどうすればいいのか?ですが

実際に私がキワード選定の際に使用しているツールをご紹介致します。

 

是非参考にしてこれらのツールを使用し、

キワード選定に役立ててみて下さい。

 

・  goodkeyword

こちらは主に関連キワードをリサーチする際に使用しているルーツで、

yahoo, googleのデータが確認できる他

右サイドにgoogleトレンドのデータ、

ページ下部に検索語を含んだyahoo 知恵袋のリンクも表示される一石三鳥のツールです。

使い方は非常に簡単で調べたいキワードを検索窓に入力するだけです。

 

・  Google トレンド

Goodkeywordの検索結果にもGoogleトレンドのグラフが表示されますが

最近仕様変更があり複数キワードのトレンド比較ができるようになったため

複合キーワードのトレンドと、大まかな検索ボリューム比較に使用しています。

 

・  Googleキーワードプランナー (旧:キーワードアドバイスツール)

このツールでは任意のキーワードの月間検索ボリュームを数値で確認することができます。

以前までは1年間の平均検索ボリュームしか確認できませんでしたが

キワードプランナーに移行してからは、各月の月間検索ボリューム数をグラフで確認できるようになりました。

※  ただしこちらのツールはGoogle AdWordsのアカウントがないと使用できませんので、ご注意下さい。

 

Googleキワードプランナーで検索ボリュームを調べる方法はこちら>>

 

以上が私がキーワード選定の際に使用しているツールです。

詳しいキワード選定の方法についてはまたの機会にご紹介致します。

 


>>詳しくはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ