アドセンスのCTR(クリック率)を上げる方法:広告ネットワークのブロックする

今回はアドセンス広告のクリック率(CTR)を上げる方法として

特定の広告ネットワークから配信される広告の表示をブロックする方法を紹介します。

 

前回の記事ではアドセンスのクリック率を上げる方法として

表示される特定の広告のカテゴリをブロックするという方法を紹介しました。

そもそもアドセンスで表示される広告というのは

様々な広告ネットワーク(広告主)から提供されているものです。

 

そして広告ネットワークごとにパフォーマンスは異なります。

 

クリック率が高い広告ネットワークもあれば

なかには数千回表示されされてもほとんどクリックされないような

広告ネットワークも存在します。

 

このようなことが起こる原因としては

各広告ネットワーク毎に提供している広告内容が異なることが

一番の原因として考えられます。

 

なので、運営しているサイトでしっかりと収益が上がる広告ネットワークを選定することによって

よりアドセンスの収益性を拡大することが可能になるのです。

 

このようにちょっとした作業をすることによって

アドセンス広告のCTRを改善することができるので

少し面倒かもしれませんが、数カ月に1度程度でも良いので

各広告ネットッワークのパフォーマンスの確認、及びブロック設定をすることをオススメします。

 

広告ネットワークのブロックの方法

ここからは具体的に広告ネットワークの

ブロックの設定方法について紹介していきます。

 

まずアドセンスの管理画面にログインをします。

次にパフォーマンスレポートをクリックしサイドバーの中から

「広告ネットワーク」をクリックします。

そうしますとこのような画面が表示されて

各広告ネットワークごとにデータを確認することができます。

 

見るべきポイントとしては広告のリクエスト数広告リクエスト CTRCPCの 3点を見て

どの広告ネットワークをブロックするのかを決めていきます。

 

ブロック対象の広告ネットワークを決めたらブロック設定の際に

広告ネットワーク名が必要になるので、メモ帳などに控えておきましょう。

ブロックすべき広告ネットワークを決定したら、

次に具体的にブロックの設定を行います。

 

グローバルナビの「広告の許可とブロック」をクリックし

「広告ネットワーク」をクリックします。

 

そして先程広告ネットワークの設定

ブロック対象として選んだ広告ネットワーク名を

検索窓に入力して検索ボタンをクリックします。

 

すると広告ネットワークの横に許可またはブロックという項目がありますので、

このボタンをクリックします。

 

広告ネットワークのブロック設定はこれで完了です。

今後、ブロック設定をした広告ネットワークから配信される広告は

あなたのサイトでは表示されることはありません。

 


>>詳しくはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ