記事盗用対策プラグイン「WP Copyright Protection」

今日はテキスト盗用対策におすすめのWordPressプラグイン「WP Copyright Protection」の機能と

導入方法についてご紹介します。

 

トレンドサイトに限らず、折角作成したテキストが盗用されてしまうと

例え自分のテキストがオリジナルであっても、盗用先の記事が先にインデックスされ

こちらのサイトがペナルティを受けてしまう、なんてことに成りかねません。

 

100%記事の盗用を防ぐことは不可能ですが

「WP Copyright Protection」を導入することで、盗用の可能性を減らすことができます。

 

WP Copyright Protectionの機能

WP Copyright Protectionの機能としては大きく2つあります。

 

1, サイト上での左クリックの防止

 

2, サイト上での右クリックの防止 

 

これらを防止することで、例えば

・範囲指定をしてCtrl + Cでコピー

・範囲指定を画像切り取りとるタイプのソフト

・右クリックでの画像コピー

 

などを防ぐことが可能です。

 

スクリーンショットを取られてしまうなどされてしまうと

もうどうにもなりませんが、手軽にテキストのコピペが出来なくなるため

テキストの盗用に対しては大きな抑止効果が見込めると思います。

 

特に下克上、PRIDEといったトレンドアフィリエイト教材が流行している現在、

残念ながら折角作成した記事を、他サイト盗用されたなんて話を耳にします。

 

特にサイト立ち上げ直後は記事をサイトにアップしても

インデックスされるまでに時間がかかるため

その間に記事を盗用され、結果的にオリジナル側が盗用とみなされてしまう

なんてこともあり得るわけです。

 

なので、プラグインを導入し出来る限りの対策をしましょう。

 

WP Copyright Protectionの導入方法

プラグインの導入は難しい設定もなく非常に簡単です。

 

1, WordPress管理画面にログインし、プラグイン>新規追加と進みます。

 

2, プラグイン検索窓にWP Copyright Protection と入力し

 プラグインの検索をクリックします。

 

3, プラグイン名のすぐ下にある「いますぐインストール」をクリックします。

 

 

4, インストールが完了すると、下記の画面が表示されるので

 「プラグインの有効化」をクリックて設定完了です。

最後に自分の運営しているサイト上で右クリック、範囲指定などの

操作ができないことを確かめてみてください。

 

 


>>詳しくはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ