特化型トレンドアフィリエイトを実践し月収100万円を2ヶ月連続で達成した事例

私のパーソナルコンサルティングを受けている田中さんが
12月に引き続き1月も月収100万円を達成しました。

【参考記事】
特化型トレンドアフィリエイトで月収100万円 (12月)

アクセスの大量に集まる
芸能系やイベント系キーワードで一発当てて、
単月で月収100万円という事例は目にします。

しかし、そういったケースでは
かなり高い確率で翌月になるとアクセスが大幅に減少し
一気に報酬が減少していまいます。

 

トレンドアフィリで月収100万円ということ自体
かなりハードルが高いわけですが、

継続して月収100万円を達成するというのは
想像以上に非常にハードルが高いのです。

今回は田中さんが運営しているトレンドサイトの
アクセス数や記事数はもちろん、

どんな戦略でトレンドサイトを運営しているのか
という点について解説していきたいと思います。

 

12月はトレンドアフィリエイトの「バブル」

12月に初めて田中さんは
トレンドアフィリで月収100万円を達成しましたが、
12月というのはトレンドアフィリで稼ぎやすい時期
ということが要因の1つとしてあります。

12月は芸能系・非芸能系に関わらず
検索需要があるキーワードが
かなり豊富にあるからです。

 

芸能系であれば、

・レコード大賞
・紅白歌合戦
・各種テレビ特番
・流行語大賞 etc ,,,,

非芸能系であれば、

・クリスマス
・イルミネーション
・インフルエンザ
・初詣 etc,,,

 

上記で挙げたキーワードはごく一部ですが
こういった比較的通常よりも検索需要が見込める
キーワードが12月は非常に豊富に存在します。

そのため今までトレンドアフィリで稼げていなかった人でも
12月は過去最高の実績を残せた、という方が非常に多いです。

ですが、これは一過性のバブルなので、
冒頭でも述べましたが
翌月にになれば一気にアクセスは減り
それとともに報酬も減ってしまいます。

 

田中さんのサイトも例外ではなく
12月バブルの恩恵を受けていたため
何も対策をしなければ1月の報酬が下がることは
目に見えていました。

そこで、
1月に注力したのは下記の2点。

 

1,1~3月をターゲットとした記事作成

11月くらいから1月に検索需要のある記事を
徐々に投入していましたが
さらに厚みを持たせるために記事の投入を行いました。

また、それと平行して
2月、3月に検索需要のある記事の作成も進めています。

やはり検索エンジンに記事の内容を
しっかりと評価してもらうためには
多少の時間が必要になるので、

これくらいの時期から先を見据えて
記事を投入していくのがベストです。

 

2,新たに特化型トレンドサイトを構築

これまでは、

・月収100万円を達成したサイトと
ほぼ更新が止まっている特化無料ブログ(月収3~4万円ほど)

という2サイトを運営していました。

1サイトでこれだけの報酬を稼いでいることは良いのですが、
ここから更にこのサイトの報酬を伸ばす、
というのはかなりハードルが高くなってきます。

そのため、より効率的かつ安定的に稼ぐために
新たに特化型サイトを2つ構築しました。

特にこの2つのサイトに関しては
今まで以上にSEOを徹底的に意識したサイトに仕上げています。

まだまだ記事数が少なくこれからのサイトですが、
徹底的にキーワードのリサーチをおこない
非常に細かい部分までSEOの設計をおこなっているので、
記事を投入さえすれば必ず伸びててくるといった感じです。

 

特化型トレンドサイトのPV数

それでは、ここからは特化型トレンドサイト
4サイト分のPV数と1月に作成した記事数を公開していきます。

 

特化型トレンドサイトA

特化型トレンドサイトAのアクセス推移1月
 

こちらは収益のメインとなっている特化型サイトです。
1月に入ってからも仕込んでいた記事がアクセスを集め
最高で68,933PV/日 を達成。

月間でも100万PVの大台を達成しました。

2つのアクセスの山を越えた後も、
急激なアクセスの減少がおきないよう
戦略的に記事投入をおこなっているため
1月中旬以降も平均して25,000 ~ 28,000PV/ 日を
安定して記録し続けています。

1月に投入した記事は36記事。
サイト全体としては合計293記事までになりました。

 

特化型トレンドサイトB

特化型トレンドサイトBのアクセス推移1月
 

こちらのサイトは完全に趣味で運営している
無料ブログで構築した特化サイトになります。

他の特化サイトよりも優先度が低いため
現在はほぼ放置状態となっていて
1月に追加した記事数は僅か1記事。

サイト全体としては合計41記事と
かなり小規模なサイトです。

PV数も1,000PV/日 そこそこといった感じですが、
それでもアドセンス報酬3~4万円/月 程度を
しっかりと稼いでくれています。

 

特化型トレンドサイトC

特化型トレンドサイトCのアクセス推移1月
 

こちらは1月から新たに構築し始めた特化型サイトで
記事数は28記事、PVも1,000/日程度と
まだまだこれからのサイトです。

完全に新規で作成しているサイトですが、
やはりごちゃまぜサイトよりもPVの初動は
かなり早い傾向が見て取れます。

主に3月以降を狙って記事を投入しているので
2月後半くらいから徐々にアクセスが伸びてくる見込みです。

 

特化型トレンドサイトD

特化型トレンドサイトDのアクセス推移1月
 

こちらも1月から新たに構築し始めた特化型サイトで
記事数は15記事、PVも100/日程度に留まっています。

更新の優先度を少し低めに設定していましたが、
外注もしっかり確保できたので、
今後は記事投入スピードを上げていけそうです。

こちらのサイトも、特化型サイトCと同じく
主に3月〜を狙って記事を投入しているので
これから徐々にアクセスが伸びてくる見込みです。

 

1月の報酬実績

ここからは特化型トレンドサイトの収益源としている
Google アドセンスと楽天アフィリエイトの
1月の報酬の内訳を公開していきます。

アドセンスの報酬

特化型サイト1月アドセンス実績
4サイト合計で399,000円程。
各サイトごとの報酬金額は下図の通りです。

アドセンス実績内訳1月
まだまだメインの特化型サイトで
90%以上の報酬を稼いでいる状況です。

アドセンス収益割合
 

新規の特化型サイトはまだまだ仕込みの時期で
本格的に報酬が伸びるのは3月以降なので
今はしっかりと先を見据えて種を撒いているフェーズです。

 

楽天アフィリエイトの報酬

1月の楽天アフィリ報酬は下記のとおりです。

特化型サイト1月楽天アフィリエイト報酬実績
 

売上金額5,580万円には見劣りしますが、
アフィリ報酬金額は60.2万円となりました。

というわけで、
アドセンスと楽天アフィリエイトを合計して
12月に引き続き1月も月収100万円を達成です。

報酬の内訳を見ていただくと分かる通り
アドセンスよりも楽天アフィリエイトの報酬の方が大きいです。

これはしっかりとそうなるように設計した上で
戦略的に記事を投入しているためです。

ただ闇雲に楽天アフィリエイトのリンクを
記事に張っているだけでは
もちろんここまで報酬を伸ばすことはできません。

 

また、

「楽天アフィリエイトなどアフィリエイトリンクを記事に掲載すると
アドセンスのクリック率が下がるから避けましょう」


といったことを耳にすることがありますが、
決してそんなことはありません。

 

こちらの記事でも少し触れましたが
1記事に10個を越えるアフィリエイトリンクを設置していても
記事は上位表示されますし、アドセンスのクリック率も
2%前後を安定的に記録し続けています。

「アフィリリンクが多いとアドセンスのクリック率が下がる」
「アフィリリンクが多いと順位が下がる」

といった言葉をそのまま受け取ってしまうのは、
いかがなものかと思います。

 

もっと本質的な部分に目を向けて

であれば、どうしたらそうならないのか?

を突き詰めて考えるのが重要です。

今回の場合であれば、

「アフィリリンクが多くてもアドセンスのクリック率を上げるには?」
「アフィリリンクが多くても順位を上げるには?」

こういった部分を思考することで
他の実践者に差をつけて
効率よく稼ぐことができるようになります。

ライバルと同じことを同じようにやっていたのでは、
抜きん出た成果を残すのはやはり難しいです。

常にライバルと差をつけるために何ができるか。

これを常に考え、仮説を立て、実行する癖をつけることで
今の報酬が何倍にもになります。

 

特化型サイトを複数展開し安定的に稼ぐ

1サイト目である程度稼げるようになると
どうしてもそのサイトばかりに固執してしまいがちです。

しかし、1サイトで稼げる上限というのは
やはり100万円が1つの指標かなと感じてします。

もちろん、ターゲットとしているジャンルにもよりますが、
余程のことがない限り1つのサイトに固執するよりも
複数のサイトを構築して全体で報酬の最大化を狙った方が
難易度が低いです。

Googleは常日頃からアルゴリズムの
アップデートを頻繁におこなっているために
少なからず細かな順位変動の影響を受けることは避けられません。

もしものためのリスクヘッジとしても
複数のサイトを運営していることで
精神的にかなり安な状態でサイト運営に取り組むことができます。

 

また、特化型トレンドサイトの場合
アドセンスや楽天アフィリエイトといった収入源以外にも
広告枠を販売して固定収益を得るといったことも可能になります。

広告主視点でみると
広いジャンルを取り扱っているサイトよりも
ある程度ジャンルを絞ったサイトの方が
広告価値がある場合が多いです。

そういった意味でも、
しっかりとジャンルを絞った特化型サイトを運営することで
新たな収益源を確保でき、より安定的かつ効率的に
稼ぐことが可能になってきます。

 

例えば、田中さんのサイト群で言えば、
現状の1サイトに依存している状況なので
下記のように稼ぐことを目安として進めています。

【今後の収益の目標】

特化型サイトA:60万円/月
特化型サイトB:10万円/月
特化型サイトC:30万円/月
特化型サイトD:30万円/月

+α 広告枠販売

ある程度トレンドアフィリで成果が出たら
ぜひサイトの複数展開を視野にいれてみることをおすすめします。

 

圧倒的な成果を継続的に出す武器

トレンドアフィリエイトで成果を出すためにはどうすればいいか?

といった問い合わせを頻繁に頂くのですが、
教材に書かれている「基礎」をしっかりと身に付けた上で、

「ライバルが持っていない武器」

これを身につけることが
非常に重要だと考えています。

ではその武器は何なのか?というと、
以前から何度もお伝えしている

 

「外注化」
「SEO」


この2つになります。

 

どちらも多くの人が難しそうという先入観を持っているがために
これらのスキルを身に付ければ
容易にライバルとの差別化をおこなうことが可能です。

 

「外注化」はトレンドアフィリエイトの命である
記事を安定的に投入するためには必要不可欠なスキルになります。

トレンドアフィリエイトで稼げない一番の理由は
記事の投入を継続できないということです。

世の中には記事を書くことを得意とするた人が
数多く存在し、かつ非常に低価格で対応してくれます。

わざわざ自分で貴重な時間を割いて記事を作成する必要はなく
それよりもサイト全体の戦略であったり
自分でしかできない作業に時間を割いた方が
圧倒的に成果が出るスピードは早いです。

私や田中さんはもちろん
他のコンサル生が成果を出しているのも
実践初期の段階から外注化をいち早く取り入れたためです。

 

「SEO」の重要性はこちらの記事でも詳細に説明していますが、
サイトでアクセスを集めるためには絶対に必要なスキルです。

それにも関わらず、
SEOをしっかりと深いレベルで理解して
実践できている人はごく少数です。

それ故にしっかりと腰を据えて取り組めば
ライバルと差をつけることができる部分でもありますので

「記事数はある程度溜まってきたけれど
なかなかアクセスが伸びない」


といった状況であるならば
ぜひSEOをしっかりと勉強し
サイト運営に取り入れてみてください。

 

人間、簡単できることに目が向きがちですが、
簡単にできることは誰しもが取り組んで
差別化を行うことはできません。

「人がやりたがらないことを徹底的にやる」

このマインドは非常に重要です。

これからトレンドアフィリで稼いでいく上で

「外注化」
「SEO」

この2つのスキルは
アフィリエイト報酬を伸ばすために
身に付けておいて絶対に損はありません。

ぜひ取り入れてみてください。

 

PS
私のコンサル生が圧倒的な結果を出している
その秘密に興味がある方は
下記のフォームに登録をしてください。

追って特別な企画のご案内をさせて頂きます。

⇒ 登録フォームはこちら
※ひらがな、カタカナ、英数字など
不自然な登録をされた方はこちらで解除します。


>>詳しくはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ